コラム一覧   |  コラム  

コラム

熱中症に注意!!
犬は人に比べて熱中症になりやすい!!



犬は暑さに弱い動物です。 一番の理由は、人のように全身で汗をかかないことです。人は全身で汗をかいて熱を発散しますが、犬は足の裏しか汗をかきません。
代わりに「パンティング」といって口を開けてハァハァと速い呼吸をして熱を逃がしますが、発散量は限られています。

人が肌寒いと感じるくらいが、犬にとっては快適な気温です。


熱中症予防策するには?



閉め切った家の中でお留守番する時には

冷房をかけてあげましょう。  

さらに、直射日光が当たらない場所にゲージを置いたり、カーテンを閉めるなどの工夫もお忘れなく。

外飼いの子には、風通しが良く、暑くても日陰に移動できる場所を提供して下さい。

日中のお散歩は控えましょう。
  
犬は地面のすぐ近くを歩いています。地面の近くは日光の照り返しを受け、私達が感じている以上に暑いのです。夏場の散歩は、早朝もしくは日没後が良いでしょう。
   
遊びもほどほどに。

人は暑ければ動きたがらないのが当然ですが、犬は楽しいと制御できなくなってしまう子がいます。過度な運動で急激に体温が上昇し熱中症になることもあるので、ある程度のところで止めてあげて下さい。
2010/01/13 12:21
コラム一覧

病院案内
病院理念
院内設備
スタッフ紹介
地図(アクセス)
カレンダー
診療案内
受付時間・予約
夜間診療
診療内容・設備
てんかんについて
血液バンク
トータルケアサービス
ペットケアクラブ
ペットホテル
シャンプー・トリミング
しつけ教室
訪問活動
水素水
ダイエットコンテスト
インフォメーション
新着・お知らせ
リクルート
病院コラム
コンテンツ
スタッフブログ
トリミング集
しつけ教室の様子